ダンボールの歴史について

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回は段ボールの歴史について紹介していきたいと思います。
ダンボールとは
 ダンボールとは、板紙を多層構造で強靭なものにして、包装資材などに使用することができるように加工をした板状の紙の製品になっています。素材としての段ボールシートの他、その他の段ボール製品を指していることもあると言われています。
 ダンボールという名前にも由来があり、名前の由来は、厚紙にボール紙という元来は藁パルプで作った板紙を用いていたことがあったのと、断面の波形が階段状に見えるということからダンボールという名前になったと言われています。
 ダンボール箱からは腐食性のガスが少しですが発生してしまいます。なので、電気部品などの長期保存というのは向いていないと言われています。
ダンボールの歴史
 段ボールの歴史としては、19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハット内側の汗を吸い取るために開発されたとされています。それから、包装資材として利用されるようになったのは、アメリカ合衆国においてガラス製品の包装に使用されたのが始まりだと言われています。今現在使用されている段ボールを作成し、日本において段ボールという言葉を作った人は、井上貞治郎という方です。井上貞治郎という方は日本の実業家であって、現社名レンゴーという会社を設立した張本人です。「日本の段ボールの父」と評されているほどとても有名な人です。
ダンボールを使う人へ
 これから色々なことに段ボールを使うことがあると思います。段ボールにも色々な種類があり、様々な用途で使うことができます。使用するところで使い分け、どういったところで、どの種類のダンボールがいいのかわかっているとこれから、少しは役に立つことがあると思います。なので、ダンボールの種類のことを少しでも知っておくことがいいと思います。特に引っ越し業者の人たちというのは、とてもダンボールなどを使用することが多いです。
 物を入れると言うことだけでなく、段ボールというのは色々な工夫で、多くのことに使用することができますので、ぜひ工夫をして生活のためにつながるようにしていけたらいいなと思います。

ダンボールの用途

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回は段ボールの用途について紹介していきたいと思います。
ダンボールの歴史
 ダンボールの歴史としては、19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハット内側の汗を吸い取るために開発されたとされています。それから、包装資材として利用されるようになったのは、アメリカ合衆国においてガラス製品の包装に使用されたのが始まりだと言われています。今現在使用されている段ボールを作成し、日本においてダンボールという言葉を作った人は、井上貞治郎という方です。井上貞治郎という方は日本の実業家であって、現社名レンゴーという会社を設立した張本人です。「日本のダンボールの父」と評されているほどとても有名な人です。
ダンボールの用途
 ダンボールには色々な用途があります。皆さんが一番知っているものとすれば、収納用ダンボールや宅配用、引っ越し用のダンボールなどなのではないでしょうか?ですが、ダンボールにはそれ以外の用途が多くあります。
 一つ目として、ファイルボックスになっているダンボールです。メール便で発送できる最大のサイズに設計されたもので、様々なファイルを入れるために使用されます。
 二つ目としては、ハンガーボックスダンボールです。洋服を収納するのに最適なダンボールになっていて、服を折りたたまずにハンガーにかけたまま持ち運びができるので、とても便利なダンボールです。
 最後に、クッションダンボールです。名前の通り、クッション材がダンボール箱とセットになっているダンボールです。強化フィルムで製品を保護するので、パソコンやテレビなどといった電化製品にも、おすすめのダンボールです。
ダンボールを使う人たち
これから色々なことに段ボールを使うことが増えてくる人もいると思います。段ボールにも色々な種類があり、様々なことで色々使い分けることになると思います。使用するところで使い分け、どういったところで、どの種類のダンボールがいいのかわかっているとこれから、少しは役に立つことがあると思います。なので、ダンボールの種類のことを少しでも知っておくことがいいと思います。特に引っ越し業者の人たちというのは、とてもダンボールなどを使用することが多いです。
 物を入れると言うことだけでなく、段ボールというのは色々な工夫で、多くのことに使用することができますので、ぜひ工夫をして生活のためにつながるようにしていけたらいいなと思います。

ダンボールの未来

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。そのダンボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールの未来について紹介していきたいと思います。
ダンボールの歴史
 ダンボールの歴史としては、19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハット内側の汗を吸い取るために開発されたとされています。それから、包装資材として利用されるようになったのは、アメリカ合衆国においてガラス製品の包装に使用されたのが始まりだと言われています。今現在使用されている段ボールを作成し、日本においてダンボールという言葉を作った人は、井上貞治郎という方です。井上貞治郎という方は日本の実業家であって、現社名レンゴーという会社を設立した張本人です。「日本のダンボールの父」と評されているほどとても有名な人です。
ダンボールの未来
 これからダンボールというのは、どんどん世界で使用されるようになり、今以上に生活に必要とされるようになると思います。
 今では洋服をハンガーにかけたまま運ぶためのハンガーボックスダンボールなどと言ったものまであります。それだけではなく、クッション材とダンボールが一緒になっているクッションダンボールと言ったものもあり、今でもどんどんダンボールというのは進化していっています。そんな便利なもので、環境にも悪影響を出さないものですが、これからはさらに環境のことを考えていって強度面も上がっていくといいなと思います。
これからダンボールを使う人へ
 これから色々なことに段ボールを使うことがあると思います。引っ越しの際や物をしまっておく時に使用したりと色々なことで必要になってきますよね。
段ボールにも色々な種類があり、様々な用途で使うことができます。使用するところで使い分け、どういったところで、どの種類のダンボールがいいのかわかっているとこれから、少しは役に立つことがあると思います。なので、ダンボールの種類のことを少しでも知っておくことがいいと思います。特に引っ越し業者の人たちというのは、とてもダンボールなどを使用することが多いです。
 物を入れると言うことだけでなく、段ボールというのは色々な工夫で、多くのことに使用することができますので、ぜひ工夫をして生活のためにつながるようにしていけたらいいなと思います。

ダンボールの作り方

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。そのダンボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールの作り方について紹介していきたいと思います。
ダンボールとは
 ダンボールとは、板紙を多層構造で強靭なものにして、包装資材などに使用することができるように加工をした板状の紙の製品になっています。素材としての段ボールシートの他、その他の段ボール製品を指していることもあると言われています。
 ダンボールという名前にも由来があり、名前の由来は、厚紙にボール紙という元来は藁パルプで作った板紙を用いていたことがあったのと、断面の波形が階段状に見えるということからダンボールという名前になったと言われています。
 ダンボール箱からは腐食性のガスが少しですが発生してしまいます。なので、電気部品などの長期保存というのは向いていないと言われています。
ダンボールの作り方
 ダンボールの作り方としてはとても簡単になっています。まず、ダンボール箱を逆さまにして、両方のフタにテープがしっかりかかるように貼ります。テープを貼る際に、両端はダンボールの側面に回り込むように貼るのがいいと言われています。また、重いものを入れる際はテープを十字に貼るとより安心に物を運ぶことができます。テープを貼るときにも注意というものもあり、全体的に貼ればいいというわけではありません。貼ることによって持つときに滑ってしまうと言うこともあり、危険も多くあります。ですので、貼るのはあまり多く貼るのではなく、ダンボールのところでも、特に必要となってくる場所にだけ貼るようにしましょう。
ダンボールを使う人へ
 これから、ダンボールを使用する人はいると思います。引っ越しをする人や、大切なものをしまっておくときに使ったり、洋服をしまうときに使用したりと多くのことで使用しますよね。ですが、多くのものを詰め過ぎて、底が抜けてしまったり、ダンボールがぐちゃぐちゃになってしまったりしてしまうかもしれませんのでその点は気をつけてダンボールを利用していきましょう。
最近でも多くの種類のダンボールがあります。なので、それらのダンボールを上手く使い、工夫をしていくのもいいかもしれません。これからどんどん技術は進展していき、もっと便利なダンボールというのもできるかもしれませんね。

ダンボールの価格

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールの価格について紹介していきたいと思います。
ダンボールの歴史
 段ボールの歴史としては、19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハット内側の汗を吸い取るために開発されたとされています。それから、包装資材として利用されるようになったのは、アメリカ合衆国においてガラス製品の包装に使用されたのが始まりだと言われています。今現在使用されている段ボールを作成し、日本において段ボールという言葉を作った人は、井上貞治郎という方です。井上貞治郎という方は日本の実業家であって、現社名レンゴーという会社を設立した張本人です。「日本の段ボールの父」と評されているほどとても有名な人です。
ダンボールの価格
 ダンボールの値段がどれくらいのものなのか気になっている人も多くいると思います。今ダンボールの値段というのは、大きさによって様々だと思いますが、普通の大きさの段ボールだと、1枚100円後半に行くか行かないかくらいの値段になっています。特大サイズのダンボールが5枚セットでついているのでは、4465円と少し高く感じてしまいますが、大きさとしては740×570×700の大きさになっていて、他のサイズよりも一段と大きいものになっています。
 ダンボール自体は梱包すること以外にも様々な工夫をすることで、生活の役に立つことがあると思います。大きいサイズだとさらに工夫する点が増えてきますよね。
他種類のダンボールの価格
 他種類のダンボールとしては、プラスチックダンボールや強化ダンボールというものがありますよね。
 プラスチックダンボールは、多色の色のものがあり、5枚セットで2600円ほどになっています。プラスチックダンボールの方が普通のダンボールよりも2倍ほど値段が高いですが、その分普通のダンボールよりも強度や耐水性、耐火性などに優れているので、とても便利なものです。
 強化ダンボールは、普通のダンボールとあまり値段が変わることなく、大きさによって値段が大きく違います。普段あるような大きさのものでも10枚セット1567円とあまり高くはなっていません。なので、もしも機械などのこわえてほしくないものなどを入れておきたいときは、こちらの強化ダンボールを使用するのもいいかも知れません。

ダンボールのメリット

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回は段ボールの歴史について紹介していきたいと思います。
ダンボールとはどんなもの?
 ダンボールというのは、板紙を多層構造で強靭なものにして、包装資材などに使用することができるように加工をした板状の紙の製品になっています。素材としての段ボールシートの他、その他のダンボール製品を指していることもあると言われています。
 ダンボールという名前にも由来があり、名前の由来は、厚紙にボール紙という元来は藁パルプで作った板紙を用いていたことがあったのと、断面の波形が階段状に見えるということからダンボールという名前になったと言われています。
 ダンボール箱からは腐食性のガスが少しですが発生してしまいます。なので、電気部品などの長期保存というのは向いていないと言われています。
ダンボールのメリット
 ダンボールの長所は『軽い』や『丈夫』、『折りたためる』、『断熱性がある』、『加工が簡単』、『環境に優しい』などといったさまざまなことがあります。
ダンボールというのは、波型をした中芯によって内部が空洞になっているので、とても軽くて丈夫です。それだけでなく、内部が空洞になっていると言うことで、空気の層ができて、軽くて丈夫というだけでなく、断熱性も高くなります。
そして、簡単に折りたたむことができるので、使い終わった後、すぐに片付けることができ、必要な時はまた組み立てることができると言うこともあります。
梱包などだけでなく、ダンボールは素材が紙なので切ったり曲げたりして、加工をすることもできます。ですので、ダンボールというは、工夫次第でとても役に立つものにもなるのです。
ダンボールのデメリット
 ダンボールというのはとても多くのメリットがあります。物を運ぶ際や、何かを入れておく時などは使用されることが多いですよね。ですが、そんな段ボールにもデメリットというものはあります。
 ダンボールの主なデメリットというのは、『水に弱い』ということです。ダンボール自体紙でできているため、水に弱いです。多少雨に濡れても大丈夫な様に表面が撥水加工されたものもあります。ですが、それでも多くの水に当たると段ボールの普段の梱包の機能を示さなくなってしまいます。なので、ダンボールの主なデメリットとしては、水に弱いと言うことです。

バックグラウンドチェックbackground-check.tokyo

ダンボールのいろいろ

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールの種類について紹介していきたいと思います。
ダンボールというのは
 ダンボールというのは、板紙を多層構造で強靭なものにして、包装資材などに使用することができるように加工をした板状の紙の製品になっています。素材としてのダンボールシートの他にも、その他のダンボール製品を指していることもあると言われています。
 ダンボールという名前にも由来があり、名前の由来は、厚紙にボール紙という元来は藁パルプで作った板紙を用いていたことがあったのと、断面の波形が階段状に見えるということからダンボールという名前になったと言われています。
 ダンボール箱からは腐食性のガスが少しですが発生してしまいます。なので、電気部品などの長期保存というのは向いていないと言われています。
強化ダンボールとは
 強化ダンボールというのは、通常のダンボールを二重構造もしくは三重構造にしているものになっていて、それだけでなく、耐水性をもたせていて高い強度を持つように作られた段ボールのことを言います。通常のダンボールに比べて約10倍の強度を持っているとも言われていて、木材梱包の代替資材として物を運ぶときなどに使用されています。また、それだけでなく、焼却や断裁による速やかな廃棄を前提とした簡易的な家具類にも活用されていると言われています。
プラスチックダンボールとは
 プラスチックダンボールというのは、通称『プラダン』や『ダンプラ』と呼ばれていて、プラスチック製のダンボールに類似したもので、中空構造のシートになっています。紙でできているダンボールとは違って、耐水性や耐久性がとても高いものになっているので、強度が必要な用途や長期利用されるもの、再利用を前提としたケース類などにも使用されていることが多いです。機械類を入れる場合にもこのプラスチックダンボールの方が安全性はあると言われています。
 プラスチックダンボールの材料にポリプロピレンを使用しているために、加工には専門の接着剤を使用しています。もしくは、専門の熱溶着機を使用して、接合及びくみ上げの方を行うと言われています。これが最近の主流になっているそうで、印刷する場合のインクも特殊なものを使用しています。

ダンボールと環境について

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。そのダンボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールと環境について紹介していきたいと思います。
ダンボールと環境の関係
 ダンボールというのは、ライフサイクルで見た場合、地球温暖化の原因とされるCO2の排出量がとても少ないと言われています。なので、人にも環境にも優しい優れた包装資材です。
 天然の木材繊維に由来していて、使用後もコンパクトに折りたたむ事ができ、水でほぐすだけで簡単にリサイクルすることができます。そのため、リサイクルの輪の中で、常に新しく衛生的なダンボールを使用していただくことができると言われています。もしも、ダンボールがリサイクルされなかった場合でも、最後は土に還るので、安心です。
もっと環境に優しいダンボール
 ダンボールというのは、既にリサイクル率が95.5%を誇る、循環型で環境に優しい包装資材です。ですが、さらにその環境性能を高めるために、より環境負荷の低いCフルートダンボールというダンボールへの切り替えを進められています。
 Cフルートダンボールというのは、世界のほとんどの国々ではすでに主流となっていて、従来の一般的なAフルートダンボールに比べて厚さが約20%薄くなることで減容化が実現し、積載効率の向上や保管スペースの節減にもつながると言われています。強度面の心配をする人もいると思いますが、強度面でも差はほとんどなく、段と段の間が密になることから、ライナーと中芯厚紙をしっかりと貼り合わせることができて、より高精細な印刷が可能となっているそうです。
ダンボールを使う人へ
 これから色々なことに段ボールを使うことがあると思います。段ボールにも色々な種類があり、様々な用途で使うことができます。使用するところで使い分け、どういったところで、どの種類のダンボールがいいのかわかっているとこれから、少しは役に立つことがあると思います。なので、ダンボールの種類のことを少しでも知っておくことがいいと思います。特に引っ越し業者の人たちというのは、とてもダンボールなどを使用することが多いです。
 物を入れると言うことだけでなく、段ボールというのは色々な工夫で、多くのことに使用することができますので、ぜひ工夫をして生活のためにつながるようにしていけたらいいなと思います。

こんな使い方もある

 段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールの使い方について紹介していきたいと思います。
ダンボールとは
 ダンボールとは、板紙を多層構造で強靭なものにして、包装資材などに使用することができるように加工をした板状の紙の製品になっています。素材としての段ボールシートの他、その他の段ボール製品を指していることもあると言われています。
 ダンボールという名前にも由来があり、名前の由来は、厚紙にボール紙という元来は藁パルプで作った板紙を用いていたことがあったのと、断面の波形が階段状に見えるということからダンボールという名前になったと言われています。
 ダンボール箱からは腐食性のガスが少しですが発生してしまいます。なので、電気部品などの長期保存というのは向いていないと言われています。
ダンボールの歴史
 ダンボールの歴史としては、19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハット内側の汗を吸い取るために開発されたとされています。それから、包装資材として利用されるようになったのは、アメリカ合衆国においてガラス製品の包装に使用されたのが始まりだと言われています。今現在使用されているダンボールを作成し、日本においてダンボールという言葉を作った人は、井上貞治郎という方です。井上貞治郎という方は日本の実業家であって、現社名レンゴーという会社を設立した張本人です。「日本のダンボールの父」と評されているほどとても有名な人です。
ダンボールの使い道
 ダンボールを使うとなると、やはり物を入れるときに使いますよね。物でも様々な種類があるため、入れるのも一苦労します。ですが、ダンボールにも色々な種類があり、使い道があります。服をハンガーにかけたまま運ぶことができるハンガーボックスダンボールや、クッション材がダンボールとセットになっていて強化フィルムで製品を保護しているクッションダンボール、ゴルフのドライバーやアイアンなどのクラブを入れるゴルフクラブボックスダンボールなどといったことがあります。このようにダンボールの種類が増えていくと、これ以外にも工夫すると生活面でも利用することができるようになっていくのではないかと思います。

「ダンボールが作る未来」

ダンボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?
 今回はダンボールが作る未来について紹介していきたいと思います。
ダンボールとは
 ダンボールとは、板紙を多層構造で強靭なものにして、包装資材などに使用することができるように加工をした板状の紙の製品になっています。素材としての段ボールシートの他、その他の段ボール製品を指していることもあると言われています。
 ダンボールという名前にも由来があり、名前の由来は、厚紙にボール紙という元来は藁パルプで作った板紙を用いていたことがあったのと、断面の波形が階段状に見えるということからダンボールという名前になったと言われています。
 ダンボール箱からは腐食性のガスが少しですが発生してしまいます。なので、電気部品などの長期保存というのは向いていないと言われています。
ダンボールが作る未来
 これからどんどんダンボールというのは世界に広がっていくと思います。ダンボールは、今でもいろいろな種類が増えてきていて、便利になってきています。ダンボールが作る未来は、環境にも悪影響を出さなくて、価格もとても安く抑えられて、強度もあると言うことなので工夫次第ではとても良い未来が作れるのではないかと思います。
 このようにダンボールというのは、どんどん便利なものになっていき、生活には欠かすことのできないものにどんどんなっていくと思います。今は水に強いダンボールなどもあると思いますが、これからはもっとすごいダンボールができるのではないでしょうか?
ダンボールを使う人へ
 これから色々なことに段ボールを使うことがあると思います。段ボールにも色々な種類があり、様々な用途で使うことができます。使用するところで使い分け、どういったところで、どの種類のダンボールがいいのかわかっているとこれから、少しは役に立つことがあると思います。なので、ダンボールの種類のことを少しでも知っておくことがいいと思います。特に引っ越し業者の人たちというのは、とてもダンボールなどを使用することが多いです。
 物を入れると言うことだけでなく、段ボールというのは色々な工夫で、多くのことに使用することができますので、ぜひ工夫をして生活のためにつながるようにしていけたらいいなと思います。